AUTHOR

浅野 友行

  • 7月 12, 2020

M2Mとは?IoTとの違いや注目される背景までを徹底解説!

2020年3月、日本でも第5世代移動通信システムである「5G」の商用利用が開始され、多くの企業・メディアがその動向に注目し、情報を発信しています。 近年、センサー技術や通信技術の発達によって「IoT」や「M2M」という言葉を耳にすることが多くなってきました。 しかし「M2Mとは一体何か?」や「M2M […]

  • 7月 12, 2020

ビーコン・BLEとは?物品管理を大幅に効率化する位置情報サービスを分かりやすく解説!!

「ビーコン」という言葉をご存知でしょうか? ビーコンは元々、のろしやたき火といった「位置」と「情報」を伴う伝達手段のことを意味していました。 船舶や航空の世界では「無線信号を受けて位置情報を取得する装置」という意味で日常的に使われています。 私達の身の回りではあまり聞き慣れない「ビーコン」ですが、ス […]

  • 7月 12, 2020

スマートファクトリーとは?実現に必要な2つの要素と成功事例をご紹介!!

「スマートファクトリー」という概念が提唱され、多くの企業がその実現のために動き出していますが、未だ国内での成功事例は多くありません。明確な成功モデルが見えないため、ほとんどの企業は足踏みをしているのでしょう。 スマートファクトリーの実現に必要なのは「明確な目的意識」と「スモールスタート」です。 本稿 […]

  • 7月 12, 2020

ファクトリーオートメーションがもたらす4つのメリットとは?スマートファクトリーとの関係性についても徹底解説!!

ファクトリーオートメーション(FA)は、工場で製造工程の自動化が始まった1950年代ごろから使われている言葉で、現在ではAIやIoTの活用も含みます。製造業向けロボットの世界市場規模は2019年で約1兆円、2025年にはおよそ2倍の約2.3兆円にまで成長すると見込まれ、ファクトリーオートメーションの […]

  • 6月 26, 2020

【金属用3Dプリンター徹底ガイド】基礎から人気メーカー7社まで総まとめ

3Dプリンターは、産業用から一般家庭用まで、様々な装置や材料が開発されています。従来の主な材料は樹脂でしたが、近年、金属を用いた材料が登場しており、航空・宇宙分野の構造材の造形に活用されるようになりました。 アメリカ国立標準技術研究所は、3Dプリント技術の研究開発のために740万ドル(約8億円)もの […]

  • 6月 15, 2020

【2020年最新版】おすすめ3Dプリンター用3DCADソフト7選

2020年5月21日、経済産業省は新型コロナウイルスに対する研究開発への支援策を発表しました。 その中の1つに「3Dプリント可能な人工呼吸器実用化プロジェクト」があり、3Dプリンターの活用が注目されています。 参考資料:経済産業省「新型コロナウイルス感染症の対策として、ウイルス等感染症対策技術に関す […]

  • 6月 13, 2020

3Dプリンターフィラメントの種類別の特徴と利用用途を徹底解説!!

2020年1月に矢野経済研究所がプレスリリースしている「3Dプリンタ材料の世界市場に関する調査を実施(2019年)」では、3Dプリンター材料の世界市場規模は、2018年から2023年まで年平均21.2%で成長していき、2023年には4,750億6,700万円になると予測されています。 従来はPLA樹 […]

  • 5月 31, 2020

【東日本旅客鉄道株式会社】入出庫/棚卸し/探索の作業時間の60~90%を削減!

今回は、JR東日本スタートアップ社と進めたJR東日本 横浜支社での導入事例をご紹介します。 JR東日本スタートアップ株式会社は、優れたアイデアや先端技術を持つスタートアップ企業とともに、JR東日本グループの経営資源を活用して、未来をつくる新たなビジネスやサービスを創出することにより、地域のより一層の […]

  • 5月 29, 2020

3Dプリンターデータの作成方法~医療・製造・アパレル編~

矢野経済研究所が調査した「3Dプリンタ材料世界市場規模推移・予測」では、3Dプリンターの市場は年間約21.2%ずつ成長し続けて、2023年の市場規模は4,750億6,700万円になると予測されています。 この調査結果から分かるように、3Dプリンターは、造形方法の技術革新に伴い、製造業の工作機械の位置 […]

  • 5月 29, 2020

日本の「無人店舗」は普及していくのか?国内外の事例や将来の展望について徹底解説

少子高齢化による労働力不足や人件費高騰により、コンビニなどの小売店舗は深刻な問題を抱えています。 その一方で、キャッシュレスなど新しい技術の登場により、小売業の在り方は見直されています。 例えば、中国やアメリカで注目を集めているものに「無人店舗」があります。 無人店舗には、画像認識や重量センサーなど […]